程よい刺激のある生活で認知症予防を!

程よい刺激のある生活で認知症予防を!

認知症の予防について調べる男性

厚生労働省の調査によると、2025年には認知症を患う人の数が700万人にのぼり、65歳以上の人では約5人に1人が認知症になると言われています。

 

認知症が特別な病気ではなくなりつつある今、認知症を予防することの大切さが見直されています。

 

認知症の予防には、大きく2つのポイントがあります。

 

1つは、規則正しい生活習慣です。この規則正しい生活習慣とは、食生活や運動など健康のための工夫はもちろんですが、人との交流や、脳を使うような勉強や作業も含まれています。

 

健康を意識した規則正しい生活を送ることで、脳の健康を保つこともできますし、何より外へ出る機会を逃さないというメリットがあります。認知症は脳の疾患ですが、身体の状態とも密接に関係があり、認知症にかかると、健康だったはずの身体の調子も悪くなるケースが多いと言われています。

 

また、身体が自由に動かないことによって、脳へ刺激を与える機会を失ってしまい、悪循環に陥ってしまいます。そのため、認知症の予防には何より健康な身体が必要です。

 

また、よくあるケースとして配偶者が亡くなったり、定年を迎えて家で過ごす時間が多くなった人にも認知症にかかる確率が高くなりがちです。それは、配偶者が亡くなったことで日常会話をする機会が極端に減ったり、悲しみで他の人との交流も億劫になり、ひきこもりがちになってしまうことが、脳へ刺激を与える機会を失っていくことに繋がります。

 

今まで脳をフル回転させて仕事をしていた人が、定年を機に責任や集中から解放されたことで、一気に認知症の症状が出てしまうこともあります。これらのことから、日ごろ意識をして脳を使うような会話や勉強、作業などを継続して行うことが必要と言えます。

 

また、2つ目のポイントとして、トレーニングをすることが挙げられます。

 

人間の脳は、産まれてから20歳頃まで成長をし、そこからは衰えていきます。そのため脳はトレーニングをし続けなければ、どんどん退化していってしまいます。認知症のリスクが高まる年齢が近づいてきたら、より意識的に脳への負荷をかけることが大切です。

 

具体的には、何日か前のことを思い出したり、囲碁や将棋などの戦略や予測をたてて戦うゲームをしたり、または同時にいくつかの作業をしたりと、少し背伸びをするくらいのトレーニングが効果的と言われています。また、おしゃれを楽しんだり、旅行をしたりと非日常的な経験での刺激もとても効果があります。

 

以上、認知症の予防のポイントを2つ紹介しました。
程よい刺激のある生活を心がけて、認知症を予防していきましょう。

 

<関連記事>