若年性アルツハイマーを予防するには

若年性アルツハイマーを予防するには

若年性アルツハイマーについて考える男性

アルツハイマーと言えばどちらかと言えばお年よりがなる病気だと思っている人が多いと思います。ですが実は、若い人も若年性アルツハイマーになる可能性があるので気をつけなければいけないです。

 

また、ある程度歳をとっていくと、若いときより記憶力は低下するので多少なら仕方ないのですが、あまりに物忘れが激しくて生活に支障が出る場合は一度病気を疑ってください。ですが、若年性アルツハイマーは予防する方法が見つかっているので、物忘れが激しいと最近感じる方は参考にしてください。

 

まず、アルツハイマーは脳細胞が破壊されてしまい、脳が萎縮して記憶の低下が進んでいる事から起こります。原因は、遺伝、加齢、生活習慣と言われているのですが、進行すると日常生活にまで支障が出てしまいます。

 

そこで、予防策として言われている事は、一日に1回魚を食べる人は、発症率が5分の1という数字が出ています。また、運動を習慣にしている人もリスクが半分になります。さらに、読書や音楽鑑賞をする人も発祥リスクが60%減少します。

 

さらに、1日3杯のグラスで赤ワインを飲むとリスクが4分の1に減ります。また、お酒に関しては飲みすぎるとリスクが10倍になるので適度に飲むのがポイントです。

 

このように、アルツハイマーのリスクを減らす事は意外と簡単に出来ます。現状で物忘れが激しいなと感じている人や今後の予防のために、これらの事を試してみる事をオススメします。すべては難しくてもどれか一つくらいは出来る事があると思います。自分が出来る事から始めてみてはいかがですか。

 

さらに、若年性アルツハイマーの初期症状としては、頭痛やめまい、不眠、不安感、自発性の低下、抑うつ状態などが上げられます。ですので、自分のことではなくても家族にこれらの症状が見られた場合は、一度検査を受ける事をオススメします。

 

<関連記事>